ホーム 問題解決力検定 自由研究 震災・子ども新聞 考える社会科 もう一つ高校クイズ 入試FPS シュウカツ About Us


東大などの難関校に関心をもち、勉強に精出している君!
関心をもてる勉強がないな、という君!

勉強が変わらなくちゃ、って言われているけど
日本の勉強があまり良い奴を育成できていないとか、
こんな覚えること中心じゃ、つまらないでしょとか

東大・京大も「変わるぞ!」と 言うだけで
あまり アイデアが分からないんだ。

こういうテストならば楽しいよねとか
こうならばアドバンスだねとか
現在の入試にふれながら、現在の勉強に問題提起をする
東大入試に挑戦する中高生(小学生高学年も)のページ

これが 入試のFPS です



世界に通用しないのが 分かり、日本の 入試内容が、本当に 変わってきた。

入試FPSは   PISA の中の PISA だ


ごく一部の理工学科はよい成果を出していますが、社会科系統では、日本の研究は世界で見劣りがします。

その原因が入試方法にあると東大では考えています。いまのようなただ暗記する学生を生み出しているのは、そういう学生を選抜してしまう入試内容・方法に問題があるのです。

下の記事にあるように東大では新しく「室」を設置して、日本が世界に伍していけるための入試改革を進めていきます。

実際の入試の改革は2012年にも徐々に取り入れられていきます。

東大入試に「第3の道」 5〜10年先見据え改革着手

 朝日新聞 2011年10月16日

 東京大学(浜田純一総長)は・・・入試改革をめざす。5〜10年先を見据え、従来の選抜方法や前期・後期日程など、根本から改革を検討する。

後期日程を中心に、従来のペーパーテストでもAO入試でもない「第3の道」を探る。

なるべく早く入試改革案を固め、・・・その結果は、多くの大学の入試に影響を与える可能性がある。


東大入試は現在、前期は教科型の試験で、後期は小論文や応用問題などが中心

提供している学習素材リストは、次のサイトを見てね。

東大入試に挑戦する中高生に 勧める アドバンス学習


2013年、FPSの1つのトピックは 貿易問題。勉強のリソースをためているので、覗いてください。


お問い合わせは
 電話 050−1111−9505
 メール renraku(あっと)fpspjapan.org